プロペシアの効果と安全性

プロペシアの効果と安全性

説明する人

プロペシアは、AGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)の治療に極めて有効であるとされ、世界60か国以上で使用が認められている内服薬です。とはいえ、服用を検討されている方々の頭の中をよぎるのは、「本当に効くの?」「副作用はない?」といった不安感ではないでしょうか。

 

そこで、そうした不安を払拭すべく、プロペシアの普及の背景、AGA発症のプロセス、治癒のしくみ、並びに安全性について、以下に解説致します。

 

なお、プロペシアはAGAの治療薬であって、女性の方や円形脱毛症等には効果はありません。その理由は、後述の「AGA発祥のプロセス」を読んでいただければ、ご納得いただけると思います。

 

普及の背景

プロペシアは、アメリカのメルク社(アメリカの世界的な大手製薬会社。日本における商号はMSD社)が1997年にFDA(Food and Drug Administration:アメリカ食品医薬品局)の認可を受けて製造・販売しているAGA治療薬ですが、実はこの薬には前身となる薬がありました。販売開始から遡ること5年前の1992年、前立腺肥大及び前立腺癌の治療薬として認可を受けていた「プロスカー」という薬がそれです。

 

プロスカーは、その有効成分フィナステリドの効力で、前立腺に存在している2型5α還元酵素(2型5αリダクターゼとも呼ばれる。前頭部から頭頂部にかけての毛乳頭にも存在し、AGAの発症と深い関係がある。1型は全身の皮脂腺に存在しているが、AGAの発症にはあまり関係がないとされている)を阻害し、もって前立腺肥大の症状を和らげる薬です。

 

なぜ、2型5α還元酵素を阻害すると症状が和らぐかというと、この酵素がテストステロンという男性ホルモンと結合してDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンを生成するからです。遺伝子やストレスなどのせいで2型5α還元酵素が過剰に分泌・生成されると、テストステロンと結合してDHTが過剰生成され、その影響で前立腺が肥大化し、尿道を圧迫してしまいます。そこで、この症状を和らげるために2型5α還元酵素を阻害し、もってDHTの過剰生成を阻止するわけです。

 

メルク社がこのプロスカーの有効成分フィナステリドの研究開発に着手したのは1991年のことですが、臨床試験を重ねるうちに、その際、ある異変が被験者に起きたといいます。服用を始めて3か月〜半年が過ぎた頃、毛の薄かった被験者の毛が段々濃くなってきたというのです。フィナステリドの効力が、2型5α還元酵素の存在している前頭部から頭頂部にかけての毛乳頭にも影響を与えた証拠でした。その後、メルク社は治験を重ね、フィナステリドを有効成分とするAGA治療薬プロペシアを完成させました。

 

日本でプロペシアが認可されたのは2005年のこと。以降、徐々に普及し、今や日本においてAGA治療を行う医療機関では、AGA患者に対してプロペシアを処方することが一般的となっています。

 

 

AGA発症のプロセス

前節で、プロペシアがなぜAGA治療に有効なのかがある程度理解できたと思います。ここではAGA発症のプロセスについて、もう少し詳しく説明していきます。

 

まず、AGAは男性だけが発症する病気だということを再確認しておきましょう。なぜ、AGAは男性にしか発症しないのか?

 

その理由は、発症にはDHTという男性ホルモンが深くかかわっているからです。AGAの症状は、前頭部から頭頂部にかけての髪の毛が徐々に細く短くなっていき、最終的にはその部分の髪の毛がすっかり抜け落ちてしまうというもので、日本人では成人男性の約3割にこの症状がみられるといわれています。

 

男性の体内には、テストステロンという男性ホルモンが存在しています(女性の場合も、男性の1割程度は存在する)。この男性ホルモンは、骨や筋肉の成長、精子の生成などにおいて重要な役割を担っていて、睾丸で95%、副腎で5% (女性場合、卵巣や副腎で) 生成・分泌され、血液に交じって身体中を循環し、細胞に働きかけます。そして、2型5α還元酵素とこの男性ホルモンが結合すると、DHTという、より強力な男性ホルモンに変換されます。

 

DHTは、毛乳頭(発毛を担っている毛包の基礎となる部分。発毛のための栄養や酸素を受け取る重要な役割を果たす)内にあるアンドロゲン受容体(男性ホルモンのいわば受け皿。主に細胞膜に存在し、外側物質と特異的に結合して、身体に必要なものに変換する仕組みを持っている。レセプターとも呼ばれる)と結合してTGF-β(トランスフォーミング増殖因子ベータ:細胞の働きを調節する分泌性蛋白の一種。細胞の増殖や分化を抑制する)に変換されます。

 

TGF-βは、毛乳頭や毛母細胞に髪の毛が抜けるように命令を出す役割を果たすため、この物質が増えてくるとヘアサイクルが乱され、通常3年程度の髪の毛の成長期が半年くらいにまで短縮されて、AGAを引き起こします。

 

ヘアサイクルとは毛周期のことで、髪の毛の生え替わりの周期のことです。髪の毛は、成長期→退行期→休止期というサイクルを繰り返しています。

 

成長期は3年程度で、毛母細胞が盛んに分裂して発毛する時期です。退行期は2週間程度で、毛母細胞の分裂を急激に弱める時期です。休止期は3〜4か月程度で、古い毛が抜け落ちる時期です。

 

話がやや複雑なので、少し整理してみましょう。ここまでの説明をごく簡素化して、時系列に並べると次のようになります。

 

@テストステロンは、2型5α還元酵素と結合してDHTに変換される
A2型5α還元酵素の分泌量が増えると、DHTも増える
B増えたDHTは、アンドロゲン受容体と次々と結合し、TGF-βに変換される
CTGF-βが増えてくるとヘアサイクルが乱され、髪の毛の成長期が短縮される
E髪の毛の成長期が短縮されると、髪の毛が抜け落ち、AGAが発症する

 

なお、2型5α還元酵素が多く分泌されるかどうかということ、並びにDHTがアンドロゲン受容体と結合しやすいかどうかということは、遺伝子やストレスに起因します。

 

治癒のしくみ

AGA発症のプロセスは理解できたでしょうか。理解された方なら、メルク社が開発したフィナステリドを含有する治療薬プロペシアがAGAの治療に極めて有効であることが分かると思います。

 

なぜなら、プロぺシアは、2型5α還元酵素の分泌量を減少させるからです。繰り返しになりますが、2型5α還元酵素の分泌量が減少すれば、DHTの生成を抑制することが可能となります。DHTが過剰に生成されなくなれば、乱れたヘアサイクルは正常化し、髪質は強くコシのあるものへと変わっていきます。ただし、プロペシアに即効性はありません。というのも、ヘアサイクルを正常化するには、かなりの時間が必要だからです。

 

プロぺシアを服用し始めると、まず驚くのは抜け毛が増えることです。服用して3日〜1週間くらいで抜け毛が始まり、不安になって服用を中断してしまう方もいます。しかし、この抜け毛は初期脱毛といって、ヘアサイクルを正常に戻すために起こる現象です。休止期にある細くて短い毛を一度全部抜き去り、スタートラインに立たせるための作業だと考えていただければよいでしょう。初期脱毛は1か月程度で終わり、ヘアサイクルは正常モードに入ります。

 

プロペシアの効果を実感するためには、半年〜1年かかるといわれています。根気強く服用を継続していけば、毛母細胞が盛んに活動し始め、髪の毛を強く長く成長させてくれるはずです。

 

 

安全性

最後に、プロペシアの安全性について触れておきましょう。

 

プロペシアは、2型5α還元酵素を阻害することに特化した抗アンドロゲン薬ですので、ウィルスなどの微生物の増殖や機能を阻害する抗生物質(抗ウィルス剤、抗癌剤等)とは違い、副作用が少ないことが知られています。

 

頭痛、腹痛、消化不良、胃部不快感などの症状がわずかに報告されていますが、すべて軽度であり、あまり気にする必要はないでしょう。併用を禁止している薬も特にありません。

 

なお、禁忌事項として、プロペシアに過敏症の既往歴がある方や未成年者、妊娠している方、授乳中の方は服用できませんので、お気をつけください。そもそも、プロペシアは男性ホルモンを抑制する薬ですので、女性には効果がありません。